第8回 地域自治準備委員会    (平成23年11月27日)

第8回地域自治準備委員会(11月27日(日))議案

 

議題(約2時間想定)

1.会議記録等の確認

1)第3回ラウンドテーブルまとめ

2)第1回地域自治フォーラムアンケートまとめ

3)第7回準備委員会会議記録

2.東町地域自治組織の方針(案)

3.地域自治組織規約の事例紹介

4.第4回ラウンドテーブル

5.町歩き

 

 

内容 1.会議記録等の確認

1)第3回ラウンドテーブルまとめ(事前配布済み)

2)第1回地域自治フォーラムアンケートまとめ(事前配布済み)

3)第7回準備委員会会議記録(事前配布済み)

 

2.東町地域自治組織の方針(案)

東町地域自治組織調査表の結果を踏まえ、来年度に立ち上げの時間軸を踏まえて、次の方針(案)を討議のたたき台として作成しました。本日は、その内容について次の各項目についてご討議をお願いいたします。

 

●全体

①「運営委員会」は、地域自治組織の活動や予算に関して、あるいは地域課題について協議し、合意形成、意思決定、そして活動の総合調整を行う

 

②市からの補助金等の包括的な交付制度ができるまでは、現在の諸団体への個別の交付制度が継続され既存団体の活動は継続。従って、立ち上げた地域自治組織の活動部会に関連する予算に限定。既存団体の予算に関しては、市の動きと連携し、今後の継続検討課題とする。

 

●意思決定機関である「運営委員会」について

③連協を発展的に解消し、構成メンバーを追加し、街づくり協議会(運営委員会)として組成

④協議会の構成メンバーは、地域自治の核である各自治会の代表、世代別代表、課題別代表とする。なお、管理組合を別途有する自治会は、全住民の意見集約の観点から管理組合からの意見集約の方法の検討を進めていただく

⑤世代別代表としては、高齢者世代の代表、子育て世代の代表にて構成

⑥課題別代表としては、福祉の分野、安全防災の分野、文化体育の分野、環境等の活動分野などとする

⑦世代別代表の具体的な団体としては、高齢者世代を代表して老人会代表、子育て世代を代表しては東丘小学校保護者代表、ダディーズ代表、東丘小学校代表などで構成

⑧なお、高齢者関連世代の他団体の意見集約は、別途同世代の意見集約のスキームをその世代間で検討いただく方針とし、今後の検討課題とする

⑨また、子育て関連世代の他団体である中学校関連の代表、保育園&幼稚園関連の代表などについては、同世代の意見集約の方法をその世代間で検討いただく方針とし、検討課題とする

⑩課題別代表の具体的な団体としては、福祉の分野として福祉員会、安全防災の分野として防犯、文化体育の分野として公民分館、環境の分野としてNPO千里住まいの学校とNPO千里グッズを想定

⑪課題別代表の各分野の他関連団体についての意見集約は、世代別意見集約の考え方と同様に、各分野の関連団体の意見集約の方法を各分野で検討いただく方針とし、今後の検討課題とする

 

●実行機関である「活動部会」について

⑫連協以外の既存の団体の活動は、現行通り当面継続を前提とする

⑬したがって、当初立ち上げる活動部会としては、連協の事業(夏祭り、新春交歓会など)、広報部会、事務局(会計を含む)、ビジョン策定のステップで導出された新しい取組み(ビジョン(将来像)実現取組み企画書の作成が必要)に限定する

⑭新しい取組みの候補としては、例えば、安全防災部会(地域防災)などが想定される

⑮部会の他に「実行委員会」も設置可能とする。実行委員会としては、夏祭り盆踊り大会、新春交歓会などが想定される

⑯各自治会内の共通課題への情報共有と施策横展開のための部会設置については議論いただきたい

     

●総会

⑫立ち上げる地域自治組織が、大半の東町住民の認知となっていることは、各自治開会代表者、および、主要団体(校区福祉委員会、公民分館、防犯東丘支部)の参画を得ていることで担保する

⑬市からの補助金等の包括的な交付制度が整った段階では、その予算規模も大きくなるため、運営委員会、および活動部会の年度事業や予算の承認手続きは、その段階で総会等検討することとする。当面は、自治会を含む東町の諸団体(*団体名は別途定義)の代表をメンバーとする拡大運営委員会での承認を持ってする

 

●追加討議ポイント

⑭たとえば公民分館のように既存団体の予算で住戸数に応じて各自治会からの徴収金が収入としてあるが、この徴収金を現行通りとするか、新しい地域自治組織の収入とするかどうか

⑮既存団体の中で、「東町会館運営委員会」「東丘コミュニティルーム運営委員会」「街角広場運営委員会」を活動部会するかどうか

⑯新聞委員会を現行通りとするか、広報部会とするか。広報部会とするとした場合、新聞委員会の活動資金は、連協、福祉、分館、防犯の主要四団体で負担しているが、この負担金をどうするか

⑰管理組合を別に持つ団地では管理組合との関係が持てていない。④とあわせて討議をお願いいたします

 

  

 

次回 準備委員会では、議案としては、次を想定します

 

開催日としては、

定例開催日、12月18日(日)15:00〜17:00

別紙:

・別紙A:新千里東町地域自治組織体制 「新千里東町まちづくり協議会」(案)

・別紙B:新千里東町の団体一覧

・別紙C:ビジョン(将来像)策定の流れ

 

 

 

←ページ掲載の画像が小さいものは、カーソルを合わせると矢印から手の指マークに変わるものは、クリックで拡大表示されます。
解除は画像右下「×」か画像枠外のグレー部分をクリック

 

●当サイトは、豊中市新千里東町地域自治準備委員会が取り組んでいる「地域自治システム構築への検討経過と関連文書」を、どなたでも自由に閲覧していただけますよう公開しています。

●当サイトは、地域自治準備委員会の設置2年前から進められた、プレ準備期間の活動から、新しい地域自治システムがスタートするまでの間の活動を掲載しています。

●時系列的に掲載していますので、内容の重複や、検討中の経過資料などもありますのでご了承ください。