第7回 地域自治準備委員会 会議記録 (平成23年10月23日)

第7回地域自治準備委員会会議記録

 

1.日時  2011年10月23日(日)17:00~18:30

2.場所  新千里東町会館2階

3.出席者   

*委員:河野・河野・武藤(連協) 、坂口・矢木・小林・横山・石田・稲荷・坂本(自治会)、寺村・清水(分館)、山田寿・新宅 (福祉)、和田(防犯)、柳原・山田(新聞)、松本・山下 (東丘小PTA)、小西(東丘小学校)、玉富(個人)   *傍聴:楠元(自治会)

*事務局:武藤・河野・清水・柳原・玉富・山田

*オブザーバー:山本・藤田・若山・後藤・佐佐木(豊中市)、山本(街角企画)

 

4.議事

 

(1)第6回準備委員会会議記録の確認

事前に送付した内容について確認し、承認された。

(2)第3回ラウンドテーブル結果の確認

ラウンドテーブルのアンケート結果については事前送付済み、 ラウンドテーブルのまとめについては、早々にポスティングするので確認頂きたいとし、了承された。

(3)東町地域自治組織調査の結果

本日は、概要説明にとどめ、次回準備委員会にて議論したい。調査結果の詳細を添付してあるので、次回までにそれぞれご意見をまとめ、次回準備委員会に出席頂きたいとし、承認された。

次回準備委員会での議論のポイントは以下の通り。

ア.東町地域の組織運営の形(注;15件の回答の中で提起された項目、他にあってもよい)

a.現在の連協との関係  

b.自治会メンバーが1年交代であることを前提とした新しい組織、

c.縦割り行政組織、事業実施体制、協力、支援のありかた、行政の部課別補助金など

d.管理組合を構成に組み入れること、  

e.諸団体の認知向上、  

f.青壮年代の参加促進

イ.意思決定機関(「運営委員会」と呼称する)の構成メンバー

ウ.実行機関(「活動部会」と呼称する)について

a.設置する分野、  

b.実施すべき地域活動、  

c.その他全般に亘る提案があるか、     

d.活動メンバーに若い世代、

e.新しいメンバーに参加願う工夫について

 

以上の説明の後、次の意見が表明された。

・調査項目の3について、運営委員会に参加すべき団体の中に「分館」が表現されているが、分館としては、「地域自治システムの中身を見てから決める」という条件付きである。

(4)東町地域自治組織の運営方針(案)

上記(3)の調査結果を踏まえて、地域自治組織の運営方針(案)を次回準備委員会の討議の叩き台として作成した。本日、運営方針(案)の内容と次回討議のポイントのみ説明した。

次回準備委員会での議論のポイントは以下の通り。

ア.全体

a.「運営委員会」の機能と権限

b.立ち上げた地域自治組織の予算と既存団体の予算の関係

イ.意思決定機関である「運営委員会」

a.運営委員会の規模と委員会構成メンバーとして適任の団体

b.運営委員会に入らない団体等の意見の集約方法

ウ.実行機関である「活動部会」

a.既存の団体の活動の継続

b.当初から立ち上げるべき活動部会

c.従来欠けていて新たに設置すべき活動部会

d.活動部会とは別に「実行委員会」を設置して担当すべき案件

e.各自治会の活動や施策の横展開のための部会設置の要否

エ.総会

総会設置が必要になる時期と、それまでの間の「拡大運営委員会」の開催について

以上の説明の後、いくつかの意見表明があり、今後の課題とすることとした。

・立ち上げた地域自治組織の予算としては、市の補助金と各自治会からの協賛金がある。

・当初立ち上げる活動部会として、東町会館運営委員会、コミュニティルーム運営委員会を どうするか考えて欲しい。

・新聞委員会は4団体が費用を等分負担して運営されている、これをどのように扱うか。

・自治会が中核になるだろうという話で進んでいるが、管理組合を別に持つ団地では管理組合との関係が持てていない。準備委員会名の正式文書で協力要請をして欲しい。

(5)東町地域自治ビジョンの策定

これまで豊中市主催のフィールドワーク、及び3回のラウンドテーブル開催を経て700余の貴重な提言を頂いた。また、自治会・管理組合現況調査結果報告、住民へのアンケート調査結果とそれをもとに自治会意見を集約頂き、先ほどのフォーラムで発表頂いた。

これらの中の東町を良くするための提案や将来像をもとに、東町の地域自治ビジョンを策定できるところに来ていると考える。ついては、地域自治準備委員各位にビジョン及びビジョン実現の取り組みについて意見を伺いたいので、添付の調査表に意見をまとめて、来る11月19日までに提出頂きたい旨説明し、了承された。

これをまとめた結果が第4回ラウンドテーブルのテーマになると考えている。

以上の説明の後、調査票に記載方法について質問があり、一部表現を修正することとした。

・調査票①の「新しい取り組み」が調査票②の「事業名」に当たる、これを①の表現に合わせる。

(6)東町町あるき

年明けの1~2月に実施することについて了承された。

なお、1月は季節的に外歩きの企画は人が集まりにくい、考慮されたい旨、意見があった。

 

5.次回準備委員会は、次の日程で開催する。主な議案としては、以下の項目を予定している。

開催日:11月27日(日)19:00~21:00

議案

・東町地域自治組織の運営方針について

・地域自治組織規約の事例紹介

・第4回ラウンドテーブル(地域自治ビジョンの策定)の進め方について

     以上          

 

←ページ掲載の画像が小さいものは、カーソルを合わせると矢印から手の指マークに変わるものは、クリックで拡大表示されます。
解除は画像右下「×」か画像枠外のグレー部分をクリック

 

●当サイトは、豊中市新千里東町地域自治準備委員会が取り組んでいる「地域自治システム構築への検討経過と関連文書」を、どなたでも自由に閲覧していただけますよう公開しています。

●当サイトは、地域自治準備委員会の設置2年前から進められた、プレ準備期間の活動から、新しい地域自治システムがスタートするまでの間の活動を掲載しています。

●時系列的に掲載していますので、内容の重複や、検討中の経過資料などもありますのでご了承ください。