第4回 地域自治準備委員会    (平成23年7月24日)

第4回地域自治準備委員会(7月24日(日))議案

 

議題(約1時間想定)

1.第3回準備委員会会議記録(確認)

2.東町地域組織の現状と課題(準備委員会未発表グループ)   10分

3.今後の準備委員会の活動について討議                                       

1)第1回ラウンドテーブルまとめ資料(確認)

2)ラウンドテーブルへの参加状況                             5分

3)前回まで共有した全体スケジュール(確認)                   

4)東町団体の現状        より                                   10分
5)ラウンドテーブルの振り返りと今後の進め方討議        40分

 

  内容

  

1.第3回準備委員会会議記録(確認)

         ・事前配布の会議記録とワークショップまとめ資料を公開へ

 

2.東町地域組織の現状と課題(準備委員会未発表グループ)

         ・PTA、新聞委員会の発表

3.今後の準備委員会の活動について

   1)第1回ラウンドテーブルまとめ(確認)

・当議案書と同時配布しました事前配布済み資料を公開へ

・第二回ラウンドテーブルまとめ資料も同様な形でまとめ作成し公開とします

         2)東町団体とラウンドテーブルへの参加状況

・ラウンドテーブルへの参加状況(4頁添付A)

 

         3)前回まで共有した全体スケジュールは次の通り(確認)

準備委員会のねらい1:住民の地域自治組織の必要性理解や参画意識の醸成

・6月~10月 ラウンドテーブル開催

・11月~12月ラウンドテーブル結果の整理とまとめ、

・12月~2月 東町地域自治フォーラム(公開討論会)

 準備委員会のねらい2:東町地域自治組織の検討と立ち上げ

・6月~7月              既存団体の現状の整理

・9月~11月      新組織体制の検討

・12月~12月       組織規約、組織、会計の文書化

・来年1月              東町地域自治組織の選出

・来年1月~3月      事業内容と予算の検討、キックオフ

        

 

4)東町団体の現状より

東町自治会連絡協議会を中心とした団体の現状(6頁添付B)

・自治会代表を評議員とし、主要4団体が顧問の立場の協議の場

学校、PTAを中心とした現状(7頁添付C)

・学校を中心とした子どもたち関連の団体があるが規定された協議の場はない

 

地域自治組織の体制を考える上での視点・・(豊中市地域自治システム検討報告より)

a.地域自治組織は、一人一人の住民や地域団体、NPO等の市民活動団体、

事業者、学校等をつなぎ、補完、統合することによって、より大きな成果が

あがる地域づくり活動(地域経営)を行う仕組み

 

b.地域自治組織は、様々な地域主体の参加を確保する

・・地域別代表(自治会)

・・世代別代表(老人会、学校、学校PTA、。。。)

・・課題別代表(校区福祉委員会、公民分館、防犯支部、。。。)

 

c.既存の地域団体・組織はどう考えるか

 ・・自治会等の地域団体、その他団体がなくなるわけではない

 

①②の東町の現状は、地域で提起された課題を一定の団体の責任者間で調整の上対応しているが、住民にて了解された規約のもとに、地域別代表(自治会)、世代別代表(老人会、学校、学校PTA、。。。)、課題別代表(校区福祉公民委員会、分館、防犯支部、。。。など)が、対等な立場で協議し解決していく場(協議会や合意形成ルールなど)がない

 

東町の全団体へ団体概要説明用紙の記入を今後依頼する予定

a.東町の既存団体概要を住民に知っていただくことが目的であり、回収した用紙は、次の企画に使用する予定

b.新聞委員会では、来年1月1日号で「新千里東町案内(仮称)」の発行し、その内容として各団体情報も入れる予定

「新千里東町案内(仮称)」の概要

A-3 3枚 中折り、差し込み12ページの冊子、全戸配布

今後、2年毎に更新予定

 

5)ラウンドテーブル(RT)の振り返りと今後の進め方

①ラウンドテーブルを振り返って

・アンケート結果(8頁添付D)より、第1回RTは概ね満足度が高く好評

今後の地域重要課題は、担い手、高齢者、子育て、防災の領域(10頁添付E)

・この中で、担い手を増やすことが根本的課題である

ラウンドテーブルは面識(お互いが顔を知る)、ネットワーク(相互理解と連携補完)の観点でたいへん有効である

 

②今後の進め方(討議)

・グループに分かれて討議、要領は第3回準備員会にて実施したワークショップと同じ

 

a.再度、目的ねらいを振り返ると。。。

・・・「住民の地域自治組織の必要性理解や参画意識の醸成」

 

b.現状を振り返ると

・・地域自治の基盤となる重要団体である各自治会メンバーのRTへの参画が課題

・・地域自治に関心のある一般住民のRTへの参画も課題

 

c.今後の進め方を考えるに、アプローチとしては次のことが考えられる

・・アプローチ1:全般テーマでのRT(現RTを続ける)開催

・・アプローチ2:個別課題テーマでのRT開催(たとえば、担い手、。。。)

・・アプローチ3:町づくりに重要な「東町のビジョン」をテーマでRT開催

・・アプローチ4:全住民への課題アンケートの実施

・・アプローチ5:学習効果を狙いRTまとめ説明と地域活動フォーラム開催

これらから、複数を選択し併行に実行もある

 

・少子高齢化や地域への関心希薄化など地域社会の環境変化、環境変化の中での地域コミュニティの大切さ、そして、東町の課題についての認識共有の機会を作る観点から、テーマを選んだラウンドテーブルの開催か

 

d.討議テーマ:

3月までの豊中市主導の東町でのフィールドワークでの声、準備委員会内でのワークショップ、そして2回のラウンドテーブルの結果を鑑み、上記アプローチも参考にしていただき、準備委員会の目的である「住民の地域自治組織の必要性理解や参画意識の醸成」を達成するために、今後どのように進めたら良いと思いますか?

 

               

 

次回 準備委員会 8月28日(日)19:00~21:00

*定例予定日は8月27日(土)ですが、上記に変更できないかと考えています。みなさんのご都合はいかがでしょうか。


←ページ掲載の画像が小さいものは、カーソルを合わせると矢印から手の指マークに変わるものは、クリックで拡大表示されます。
解除は画像右下「×」か画像枠外のグレー部分をクリック

 

●当サイトは、豊中市新千里東町地域自治準備委員会が取り組んでいる「地域自治システム構築への検討経過と関連文書」を、どなたでも自由に閲覧していただけますよう公開しています。

●当サイトは、地域自治準備委員会の設置2年前から進められた、プレ準備期間の活動から、新しい地域自治システムがスタートするまでの間の活動を掲載しています。

●時系列的に掲載していますので、内容の重複や、検討中の経過資料などもありますのでご了承ください。