第13回 地域自治準備委員会 資料

●趣意書(案)

 

新千里東町地域自治協議会設立趣意書

 

 私たち、新千里東町の住民と団体は、地域に住まうすべての人々が安全安心に暮らしていける地域づくりを進め、「住んでみたい、住んでよかった、これからも住み続けたい東町」のビジョン実現をめざして、ここに、住民による、住民のための、住民の組織として、新千里東町地域自治協議会を設立します。

協議会は、東町を最も良く知る住民が東町のことについて自分たちで考え、話し合い、ベストを見出し、施策として実施してゆく仕組みです。

 また、市の部局間の縦割り行政と全地域均一施策及び東町諸団体の連携不足がもたらすさまざまな弊害に対して、住民ニーズのボトムアップ、連携強化、そしてワンストップサービスを実現する組織でもあります。

 設立後は、全ての住民の生活する自治会・管理組合を縦軸に、地域の諸団体を横軸に、それらの全てが参加する組織と、住民のニーズや気持ちを尊重する意思決定が出来る仕組みを構築し、段階的に発展、強化させていきます。

 

協議会の役割は、次の通りです。

○東町のさまざまな団体の連絡・相互協力・連携の調整を行う。

○東町ニーズを把握し、東町の課題を見出すことにより、東町の特性に応じた事業を行う。

○東町を代表し、市との連絡調整・協働の窓口となる。

○基礎的コミュニティ組織(自治会等)の規模では実施困難な課題に取り組む。

 

平成24年(2012年)4月22日

新千里東町地域自治協議会設立総会

 

←ページ掲載の画像が小さいものは、カーソルを合わせると矢印から手の指マークに変わるものは、クリックで拡大表示されます。
解除は画像右下「×」か画像枠外のグレー部分をクリック

 

●当サイトは、豊中市新千里東町地域自治準備委員会が取り組んでいる「地域自治システム構築への検討経過と関連文書」を、どなたでも自由に閲覧していただけますよう公開しています。

●当サイトは、地域自治準備委員会の設置2年前から進められた、プレ準備期間の活動から、新しい地域自治システムがスタートするまでの間の活動を掲載しています。

●時系列的に掲載していますので、内容の重複や、検討中の経過資料などもありますのでご了承ください。