新千里東町 地域自治準備委員会は、東町をもっと元気にするまちづくりに向けての、新しい地域自治組織の設立を目指します

大阪府豊中市は、市内全域での地域自治システム構築のため、2011年度から東丘校区と上野校区の2つの小学校区をモデル地区と決定しました。

 

それを受けて、新千里東町では検討会を重ね、2011年4月に「地域自治準備委員会」を設置し、地域課題を共有するためのラウンドテーブル・まち歩きイベント・地域自治フォーラム・東町の地域づくりビジョン作成の情報収集などを実施し、新しい地域自治組織の設立へ豊中市と恊働して、本格的に活動を始めました。

 

地域自治準備委員会の参加組織

新千里東町自治会連絡協議会、メゾン千里自治会、新千里桜ケ丘メゾンシティ自治会、新千里東町アーバンライフ自治会、OPH新千里東町自治会、ガーデンヒルズ千里中央管理組合自治会、ジオメゾン新千里東町自治会、都市再生機構新千里東町自治会、新千里東町3-3自治会、新千里東町商店会自治会、ローレルコートあかしやの丘自治会、東丘校区福祉委員会、東丘公民分館、豊中地域防犯東丘支部、東丘新聞委員会、東丘小学校PTA、東丘ダディーズクラブ(おやじの会)、老人クラブ、東丘小学校

←ページ掲載の画像が小さいものは、カーソルを合わせると矢印から手の指マークに変わるものは、クリックで拡大表示されます。
解除は画像右下「×」か画像枠外のグレー部分をクリック

 

●当サイトは、豊中市新千里東町地域自治準備委員会が取り組んでいる「地域自治システム構築への検討経過と関連文書」を、どなたでも自由に閲覧していただけますよう公開しています。

●当サイトは、地域自治準備委員会の設置2年前から進められた、プレ準備期間の活動から、新しい地域自治システムがスタートするまでの間の活動を掲載しています。

●時系列的に掲載していますので、内容の重複や、検討中の経過資料などもありますのでご了承ください。